令和になり遂にツイッター始めました。みなさんフォローしてください。

夜の猫の運動会は突然始まる・・やめさせる方法を考えてみる

夜になり人間が眠りについたころ、突然テンションが上がりだす猫ちゃん。。

猫の運動会・・正式には真空行動といいます。

我が家の猫は3歳をすぎ、今では夜中に走り回ることも少なくなり、走りまわっても、寝室とは別のリビングで走ってくれているので、眠りを邪魔されることは少ないです。

生まれて半年から2歳くらいまでは、夜中も元気いっぱいでした。

朝方、お腹が空くと今でも起こしに来ることはありますが・・

猫は夜行性なので、基本的には走りまわっても仕方ない部分もあります。

しかし、なるべく夜中に運動会をしないために、普段から気をつけることをまとめました。

走って怒られるとか理不尽だね。

鯖じろ

私はそんなに走り回らないけどね。

福桃

追っかけっこをうるさいとか言わないであげましょうね。

 

猫の室内運動とは

夜中に運動をしないためには、運動出来る室内作りをしてあげましょう。普段から運動をしっかり出来る環境が整っていることが重要です。

動物にはそれぞれ運動方法、ストレス発散方法があります。

犬だったら散歩に行ったり広い場所を駆け回ったり、人間ならスポーツをしたり、散歩をしたり。。

では猫はというと、犬との違いは、長距離を走り回るのは得意ではありません。

長い距離走るとか疲れるから無理です。短距離なら走れます。

福桃

だから猫は外に散歩しなくても室内で十分暮らすことが出来るんです。

 

猫の運動はというと、動くものに飛びついたり、高いところにジャンプしたりすることが一番なんです。

どんだけ高くてもジャンプ出来るよ!

鯖じろ

運動不足・刺激不足・ストレスを解消するために、これらの環境をまず用意します。

お昼や寝る前の時間までにしっかり走らせてあげて疲れて寝てしまうようにしましょう。

 

猫の運動出来る市販のグッズを用意しよう

では、猫がしっかり運動出来るグッズとはなんでしょう。

市販で販売されている最低限のものは揃えてあげて下さい。

 

キャットタワー

猫が高いとこに登れてジャンプも出来る一番必要なものといえば、キャットタワーです。

今は、おしゃれなキャットタワーもたくさんあります。

お部屋のインテリアに合わせて、可愛いキャットタワーを選ぶと、猫も飼い主も楽しい気分になれますよね。

高さも230cm以上ある天井突っ張りタイプなら、ジャンプが好きな猫も納得です。

キャットタワーっぽくない方が良いという方もいます。

部屋のインテリアに合わせたキャットタワーも色々とあります。

特に可愛いのがこちらのキャットタワーです。

毎日キャットタワーに登ってみんなで遊んでいます。

福桃

 

ネズミのおもちゃ

走り回るといえばおもちゃです。特にネズミのおもちゃは猫に大人気。

自動で動くおもちゃ、紐の付いたおもちゃなど種類も豊富ですよね。

おすすめのネズミのおもちゃをご紹介します。

ネズミをリモコンで操作できるおもちゃはすごくおすすめです。

飼い主さんの負担軽減にもなります。

リモコンを使うのもしんどい。。という方には、自動でネズミがチーズから出てくるおもちゃがおすすめ。

フローリーキャットという商品は、ネズミが自動で顔を出し、猫のテンションがあがるおもちゃです。

まさに何もしなくてもいいおもちゃです。

ネズミには絶対負けないさ。

鯖じろ

 

壁にキャットウォーク

ちょっとDIYしないといけませんが、壁に猫が歩けるスペースを作ってあげましょう。

ほんと高いとこが好きです。

歩きまわるだけでなく、そこで寝ています。

 

手作りで色々なものを用意

家具の配置を階段状に設置して飛び上がれるようにしてあげるのも猫にとっては高いところにいけて楽しい空間です。

使わなくなったカーペットなどがあれば、それを丸めて壁に立てかけるだけでも、猫にとってはアスレチックです。

 

まとめ

夜中に走りまわるのをマシにするには、夜中以外の時間にしっかり運動させることです。

そうすると、段々人間と寝る時間が同じになり、布団で朝まで一緒に寝るようになってきます。

2歳までの若いうちは、多少の走り回るのは仕方無いと思って、我慢してあげましょう。

出来るだけ、夜は寝るようするから、それまでは遊んでよ。

鯖じろ

わたしは夜はちゃんと寝ますよ。

福桃

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です