感動の手土産を!通販で買える人気のお菓子をまとめました

正月に飲んで間違いなしの日本酒おすすめランキング発表!

年末に用意するものといえばお酒です!もちろん他にも色々と正月を迎えるにあたり用意しないといけませんが。。

ビール・焼酎・ワインもいいですが、お正月といえば何と言っても日本酒です!

お正月には、いつもよりワンランク上の美味しい日本酒を飲み、新年を祝って乾杯する!これが一番だと思っています。

ネコチラ

日本酒マニアのネコチラです。ぼくが新年にぜひ飲んでほしい、ネットでも手に入る日本酒をご紹介していきたいと思います。

レアで有名な日本酒は色々ありますが、手に入らないと意味がありません。

比較的手に入りやすい美味しさで間違いなしの地酒から、正月と言えば金箔酒!という方の為に、人気の金箔酒もチョイスしました!

 

1位 山口県 旭酒造 獺祭

言わずとしれた、今一番有名な日本酒です。

安倍首相が山口県出身ということで、各首脳にプレゼントされたり、人気アニメ エヴァンゲリオンにも登場したりで話題になったお酒です。

こちらの蔵のお酒はすべてが大吟醸。安定した美味しさです。

家族・親戚が集まっても、獺祭というだけで、良いお酒を用意してくれた!と思うでしょう。

西日本豪雨の影響で、生産数は減っていますが、おすすめのお酒です。

 

2位 秋田県 斎弥酒造店 雪の茅舎

テレビでも度々取り上げられ、こんな美味しいお酒初めて!と言われるほどの日本酒です。

テレビ「がっちりマンデー」でも注目のお酒として紹介されました。雪の茅舎で一番人気なのは山廃純米です。

好き嫌いの分かれる山廃純米ですが、これはどなたにもおすすめできます。

その他にも、純米吟醸も有名ですが、正月は雪の茅舎の大吟醸をおすすめします!

最高ランクの雪の茅舎大吟醸、名前も冬らしく、見た目も華やかで、正月のお酒に最高の商品です。

 

3位 三重県 大田酒造 半蔵

今一押しの大田酒造さんです。三重県で行われた2016年伊勢志摩サミット。

このサミットのワーキングディナーで、大田酒造さんのお酒が選ばれました!

選ばれたのは、半蔵純米大吟醸磨き40という商品ですが、この半蔵シリーズはどれも美味しい!

普段酒として、半蔵のうこん錦などもよく飲まれますが、正月に最もおすすめなのは、半蔵 純米大吟醸 神の穂です。

フルーティな香りと華やかな味わいで、どなたでも楽しめる日本酒です。

 

4位 岩手県 南部美人

 

岩手で有名な南部美人です。ワイン・日本酒のオリンピックと呼ばれるIWCの日本酒部門で、2017年の「チャンピオン・サケ」に選ばれ、世界一のお酒として認められました!

他にも数々のコンクールで賞を受賞する、日本のみならず世界でも認められる蔵です。

この南部美人純米大吟醸は、なんとあのドバイで5つ星ホテルに採用されるほどのすごい日本酒です!フルーティで飲みやすくなっています。

 

5位 秋田県 両関酒造 雪月花

話題沸騰の両関酒造です。こちらの蔵の商品で、花邑という商品は、あの「十四代」の社長が監修して作られたお酒として有名です。

今回おすすめするのは、両関の雪月花 純米大吟醸です。

IWSCという、世界で最も権威のある欧州最大の国際コンクールで、なんと最高金賞を受賞したことのある日本酒です!世界一に輝いたことのあるお酒といういことです。

日本酒の苦手な方も、白ワインのようなフルーティさ、香りの良さから美味しいと絶賛されるほどのお酒です。

名前も冬にピッタリの名前で、正月から楽しく美味しくお酒を楽しめること間違いなしです!

 

6位 新潟県 八海醸造 八海山

言わずと知れたな長年人気の八海山です。

お酒造りの重要なのは水と米です。八海山は、お米の最高峰と言われる新潟県の南魚沼にあります。この美味しいお米に適した最高の環境で「五百万石」などの酒米が作られています。

水は、日本名水にも選ばれる雷電様の清水を使用しています。まさに自然に恵まれた最高の環境で最高のお酒が造られているんですね。

八海山大吟醸は、香りも華やかで、雑味を一切感じることのない、まさに洗練された日本酒です。

 

7位 福井県 黒龍酒造 黒龍

酒通も唸る旨さ!と言われるほどの美味しさの黒龍です。

人気が高く、品切れになるお店も続出するほどの人気です。

200年以上旨い日本酒を追及し続け、七代目蔵元は、ワインの熟成からヒントを得るためにフランス・ドイツを歴訪するなど、新しい酒作りにもチャレンジし続けています。

この黒龍大吟醸は、辛口でキレもよく、特に香りの良さはピカイチです!

フルーティなだけではなく、和食料理の美味しさを引き立たせる最高の日本酒です。

 

8位 山形県 亀の井酒造 くどき上手

旨い酒として評判のお酒です。今井社長が自ら杜氏となって酒造りをしています。

美味しいお酒を届けるため、200坪以上の冷蔵施設を作り、出荷直前まで冷蔵管理するという徹底ぶり。

様々な酒米を使い、数多くの吟醸酒を作り出し、個性豊かなお酒を造られています。

この大吟醸は、古酒をブレンドすることで、フルーティなだけでなく奥深さのある味わいを感じることの出来る至極の逸品です。

 

9位 新潟県 朝日酒造 久保田

過去には、美味しいと日本酒と言えば久保田と言われるほど、誰もが知る有名な地酒です。

近年様々な日本酒が出てきて、前ほど騒がれることはなくなりましたが、今でも年始に良いお酒と言えば久保田という方は大勢おられます。

高品質な日本酒を作って世に広めたい。その思いで作られたのが久保田です。

久保田の中でも一番飲まれているのは、久保田千寿ですが、年始にはやはり久保田萬寿がおすすめです。知る人も多く、これが出てくると、「おっ!」と思われること間違いなし!

久保田シリーズ最高峰のお酒です。酒米は五百万石を使用。口当たりもよく、サラッと飲め後味もスッキリしています。

 

10位 静岡県 初亀醸造 初亀

正月に飲んで縁起のよさそうなネーミングで、正月にぜひ飲みたいお酒です。この初亀、今人気急上昇の日本酒なんです。

杜氏の技術がすばらしく、故滝上秀三さんは「名人杜氏」として、数多くの賞を受賞し、他の酒蔵が羨むほどの杜氏でした。

その伝統の技術に、最新の技術が加わり、深みのある初亀醸造の吟醸酒ファンが右肩上がりに増えていっています。

今回ご紹介の初亀 秘蔵大吟醸 亀は、年に2回しか作られない、高級料理店などでも提供される貴重なお酒です。

2年以上純米大吟醸を熟成させ、丸みのある上品な香りと口当たりが、一度飲むと忘れられない味となっています。

 

ネコチラ

正月に飲みたいベスト10の美味しい地酒をご紹介しました。ここからは、正月の金箔酒をご紹介致します。

 

広島県 賀茂鶴酒造 ゴールド賀茂鶴

豪華な金箔酒と言えば、やはり賀茂鶴酒造のゴールド賀茂鶴ではないでしょうか。

長年に渡って正月時期に売れ続けているお酒ですが、2014年に、あの高級寿司店「すきやばし次郎」で安倍首相とオバマ大統領が、このゴールド賀茂鶴を飲んだということで、さらに話題になりました。

飲み口はすっきりとしていて、大吟醸でもそこまでフルーティな香りが強くないので、正月料理ともバッチリ合います。

このお酒に入っている金箔、なんと花びらの形をしているんです。しかし、金箔が数個しか入っていないので、金箔が家族親戚全員には入らないです。金箔は飾りとして考えるなら良いでしょう。

 

その他、見た目も豪華な金箔酒

秋田銘醸の特撰 金箔蔵です。こちらは秋田の地酒で、ラベルも金色でおめでたい席にピッタリです。

 

福光屋の福正宗で中身は純米吟醸になっています。名前が豪華というだけあり、味も見た目も豪華さ抜群です。

 

お祝いごとに良く使われるお酒といえば、松竹梅ですね。松竹梅の特別純米金箔酒です。見た目、めでたさで人気の高い商品です。

 

グラスにもこだわろう

日本酒の美味しさを引き立たせるのにグラスもすごく重要です。

グラスひとつで、味が変わると言われるほど!日本酒におすすめのグラスもブログにまとめました。ぜひご覧ください。

2019日本酒のグラス選びで美味しさを比較!おしゃれな酒器で地酒を楽しもう

 

まとめ

どれも一押しの日本酒ばかりなので悩まれるかもしれませんが、どれを購入しても間違いなしの商品ばかりです!

美味しいお酒とともに、楽しい正月を迎えましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です