新元号「令和」を記念した日本酒を一挙ご紹介!早めのご予約・ご購入がおすすめです!

賀寿(長寿)の祝い年齢スケジュール!還暦からの人気プレゼントまとめ

近頃、つくづくお年寄りが増えたな。お年寄りがみんな元気だな。と思うことがよくあります。

『賀寿』という言葉をご存知でしょうか。 普段はあまり聞きなれない言葉です。

賀寿というのは、『長寿の祝い』のことを言います。

この『賀寿』なんと、奈良時代から行われてきた日本特有の風習なんです。

 

昔から日本人は、長生きしているお年寄りを敬う文化があるんですね。

これから、自分の親や、おじいちゃんおばあちゃんのお祝いを節目ごとにしていく方も多くおられると思います。

100歳まで生きるお年寄りのために!祝いのスケジュールを覚えておきましょう。

注意
平均寿命も延び、60歳を過ぎても現役で働いている方も大勢おられます。

還暦のお祝いを盛大にすることを嫌がる方もおられます。本人の意向を聞いてからどういう形のお祝いをするか決めるようにしましょう。せっかくのお祝いですからね。

 

由来としきたり

昔は長寿の祝いを数え年で行われてきました。しかし最近は満年齢で祝う方も増えてきています。

みなさん、還暦はご存知の方が多いと思います。数え年で61歳の還暦から始まります。

次に70歳で古希(こき)77歳で喜寿(きじゅ)80歳で傘寿(さんじゅ)88歳で米寿(べいじゅ)90歳で卒寿(そつじゅ)99歳で白寿(はくじゅ)・・・と続きます。

99歳まで生きるってすごいです。ぼくの周りでも100歳越えたお年寄りが多数おられます。

老人ホームにいる100歳のおばあちゃんに、椅子をゆずられたときはさすがにびっくりしました。

 

ではもう少し細かく見ていきましょう。

 

還暦(赤)

還暦の祝いは、親や上司など何度か経験しました。一番経験することの多いお祝いですね。

還暦の由来は、60年で再び干支に戻るという意味から『還暦』と言われています。

今は60歳越えてもバリバリ仕事をしている人も多いですが、人生で大きな仕事を大方終わらせたということで、家族・親戚・知人などでお祝いをします。

還暦といえば、赤いチャンチャンコというイメージが強いです。その他赤い頭巾を身に着け、赤い座布団に座ります。

なぜ赤なのか?これは、赤ちゃんに戻り、生まれ変わった気持ちでこれからの人生を過ごしてほしいという意味が込められているんです。

還暦セットも色んなのが販売されています。

特に人気なのが旅行のプレゼントです!

日頃の疲れを癒してもらうために旅行をプレゼントする方が多くおられます。

旅行はどこが喜ぶかな?遠いところ?近いところ?予算はどうしよう・・

そんな方におすすめなのが、体験型カタログギフトです。

旅行先をカタログから選んで頂ける大人気のカタログギフトです!

還暦祝いに旅行のプレゼントが大人気!旅行先も選べるプランが話題です!

 

緑寿(緑)

先程の説明にはありませんでしたが、平成14年に日本百貨店協会が新しい賀寿として66歳を『緑寿』として提唱しています。

なぜこのようなことを提唱しているのか?

平成18年に65歳以上が20%を占め平成27年には27%以上が65歳以上となります。

このような高齢化の中で、緑という若さと活力をイメージするカラーでお祝いしようということで『緑寿』をお祝いしよう!ということになりました。

 

古希・喜寿(紫)

古希は70歳で、中国の詩人社甫が「人生七十古希稀なり」と詠ったことにちなんでいます。

どういうことかというと、人生70年を超える人はごく少数)という意味です。

 

喜寿は77歳、『喜』という字の草体が「七十七」と読まれることから喜寿となりました。

古希と喜寿のイメージカラーは紫です。

紫色は、高貴で位の高い人に許された色です。70歳への敬意といたわりの心からこの色が古希・喜寿の色となりました。

 

傘寿・米寿(黄)

傘寿は80歳、『傘』の略字が「八十」と読めることから80歳を指します。

八という字が末広がりだからとも言われています。

米寿は88歳、『米』の字を分解すると「八十八」になることから88歳を指します。

傘寿と米寿のイメージカラーは黄色です。

黄色は稲穂の色からお祝いの色になったとも言われています。

東北などのお米を栽培する地域では黄色のことを傘寿と言います。

 

卒寿・白寿(紫・白)

卒寿は90歳、『卒』の通用字「卆」が「九十」と読まれることから90歳を指します。

卒寿のイメージカラーは、紫または白と言われています。

紫カラーでお祝いする方も多いです。

白寿は99歳、「百」から「一」を取ると『白』になることから99歳を指します。

白は神聖で気高いイメージがあり、白寿を迎えられた方への敬意をこめて『白』でお祝いします。

まとめ

人生50年と言われた時代はチャンチャンコ・頭巾・座布団・人形などで賀寿のお祝いをしていました。

もちろん、それは今でも大事だなと思い、商品も紹介しました。

でもそれにこだわる必要もなく縁起のいい色の入った花・食器・置物などから健康にちなんだものなどを贈るのも良いです。

ベルビーフルールさんは、ブリザードフラワーの通販なんですが、長寿のお祝いギフトで「和風プリザーブドフラワー+箸・名入れ箸置きセット 福そろえ」というギフトがめちゃ可愛くておすすめです!

ぜひご覧になってみて下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です