新元号「令和」を記念した日本酒を一挙ご紹介!早めのご予約・ご購入がおすすめです!

誰よりも詳しくエクセル(Excel)の用紙サイズ設定と余白調整を説明します

エクセルで用紙のサイズを設定しましょう。

A4・B4・B5など用紙のサイズを決め、余白を調整していきます。

エクセルの用紙サイズを設定する

まず用紙サイズを決めるのに、エクセルが白紙の状態だと設定出来ません。

必ず、文字や写真など何かある状態で設定をしましょう。

エクセルでのチラシ作りにため用紙設定をしていきます。

ネコチラ

ではしま吉先生、エクセルに画像を1枚貼って下さい。
ピアノコンサート会場の写真を貼るっす。

しま吉

画像の貼り付け方がわからない方はこちらのブログをご覧ください。

パソコンに写真画像を取り込んでチラシ作りの為の編集しよう

ページレイアウトから設定

写真

[ページレイアウト]から設定します。

印刷からも同じように設定出来ます。

印刷設定

余白を設定する

余白をクリックすると最後に適用したユーザー設定・標準・広い・狭いと出てきます。

一番下にある、[設定の余白]をクリックします。

余白

上・下・右・左の部分を変更します。

ここの数字は、どのくらい余白をつけるか、の設定です。

ここの数字を0にします。

ページ中央の水平、垂直にはチェックを入れます。

ページ設定余白

こんな感じになればオッケーです。

余白設定

印刷の向きを設定する

印刷する向きを縦にするか横にするかを設定します。

今回は縦向きのチラシを作るので、縦を選択します。

印刷の向き

印刷サイズの設定

A4・B5など印刷サイズを決めます。

サイズ印刷

表示にない印刷サイズを設定する

印刷サイズは接続しているプリンター(通常使用しているプリンター)で決まります。

通常接続プリンターがA3用紙に対応していなければ、A3は表示されません。

これを設定するためには[Microsoft XPS Document Writer]をプリンターに設定します。

[ファイル]をクリックし[印刷]のプリンターの中から[Microsoft XPS Document Writer]を選びます。

Microsoft XPS Document Writer

Microsoft XPS Document Writerは、XPS文書を作成するための機能ですが出力して作成する仕様であるためにこれを「通常使うプリンタ」として指定できます。

これでA3サイズも作成出来ます。

印刷範囲の確認

エクセルの画面に出ている点線が用紙のサイズになります。

用紙枠

ここで、上下左右の角に四角の画像でも、何でもいいので貼って下さい。今回はこの写真を2枚上下に貼ります。

エクセル余白カット

枠線でチラシを作るで終わりじゃないんすか?

しま吉

ネコチラ

まだ終わりじゃないんです。ここでプレビューで余白を確認してみましょう。

余白をさらに調整する

[ファイル]の中の[印刷]をクリックすると、今の印刷のプレビュー画面が見れます。

よく見ると、上下と左右の余白の幅が少し違います。

この余白を左右も縮めたいと思います。

一度画面を戻り[表示]の[改ページプレビュー]を選びます。

エクセル余白改ページ

すると、こんな感じになります。

改ページエクセル

この青い枠の中に1ページが収まって印刷されます。

この青い枠をギリギリまで広げます。

右の青の枠の一番上のKとLの間の所をクリックし、右に少しずつずらします。

エクセル余白微調整

これで2ページにならないギリギリの幅まで広げます。

広げすぎると2ぺージになってしまいます。

この青の点線が出ないギリギリの調整をしながら広げます。

1ページで、ここまでは広げることが出来るということです。

プレビューで余白を確認する

上の画像はそのままで、下の画像を枠いっぱいまで広げ、先程とどれくらい余白に差が出ているか確認します。

余白差

上は[改ページプレビュー]で調整する前の余白です。下は調整した後の余白です。

[改ページプレビュー]で調整することにより、上下左右の余白が均等になります。

 

MEMO
エクセルでは、余白を完全になくすことは出来ません。エクセルで作った原稿をPDFにして印刷会社に依頼したりするのですが、多少の余白は出ます。

パワーポイントに原稿をコピーして余白を無くしたりは出来ますが、余白ありでも、チラシは良い感じになります。多少の余白はあるものとしてチラシを作成しましょう。

ネコチラ

チラシを作るための用紙設定・余白設定でした。何度もこの設定をするのは面倒なので、一度用紙設定したフォーマットのブックをコピーしながら使っていくと次からチラシを作るときに楽ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です