感動の手土産を!通販で買える人気のお菓子をまとめました

ポップの作り方応用編!パソコンのエクセルでここまで出来ます

お店をされている方ならPOP作りを自分でしたいな。

手書きは苦手だし、パソコンで作りたい!よしネットで調べてみよう!と思って調べている方がこのブログを見ていると思います。

ぼくの得意分野はエクセルです。エクセルでのPOP作りについてご説明していきます。

 

ネットで調べてみたけど、イマイチ素人くさいPOPしか作れない人が作り方を語ってて・・

「もう少しエクセルとかでカッコいいPOPを作れる人っていてないの?」と思った方!

今回はエクセルPOPでこんなのが作れるよ!っていうのを語っていこうと思います。

今回は作り方の基本はお話しません。一からポップを作成する方法についてはPOP(ポップ)の作り方とデザイン例!パソコンを使って簡単に作成しようで詳しく書いていますので、そちらを参考にして下さい。まずはそちらで基本的な作り方をマスターして、この応用編にチャレンジしてみましょう。

 

今回は応用編ということで、どんな感じのPOPをエクセルで作れるのか?

どういったサイズのPOPを作れるのか?などをお話していきます

 

どのようなPOPがエクセルで作れるのか

正直どのようなPOPでもある程度は作ることが出来ます。

POPを作りたいという方の大半は、商品を売りたいためにPOPを作りたい。ということですよね。

  • POPで商品の良さを伝えたい
  • 価格を入れたPOPを作りたい
  • オシャレなPOPを作りたい
  • かっこいいPOPを作りたい

このようなPOPとはどのようなPOPなのか?を参考事例を出しつつ説明していきます。

 

売れないPOP・素人くさいPOPとは

せっかくPOPを作っても販売に繋がらなければ意味がありません。

さらに、あまり素人くさいPOPも見る気がおきませんよね。

まず、よくあるPOPで『SALE』があります。

例えば、誰でも考えることの出来るSELEの文字と言えばこんな感じでしょうか。

これが素人でも考えつくデザインです。

これをもう少し工夫すると、こんな感じになります。

エクセルで作る方法は同じです。少しデザインを工夫しているだけです。

ちなみにイラストは無料イラストなら【イラストAC】で無料登録すると、数多くの中からイラストを無料ダウンロードすることが出来ます。

チラシの見出しデザイン例!フォントや色でインパクトを出そう

 

値段入りのPOPの事例

何度もいいますが、すべてエクセルで作成しています。

慣れると作れるようになりますので、まずは色々なPOPを作ることからスタートしましょう。

ということで値段入りPOPを2つ作ってみました。

同じようなPOPを3つ作りました。

イラストを使ったバージョンと、写真を使ったバージョンです。

 

まずはイラストを使ったPOPです。

イラストと文字だけでもこんな感じで作ることが出来ます。

色合いもシンプルで、何となくビールに合いそうな気がします。

キャッチコピー・商品説明・値段・商品に合うイラスト。この4つを意識すればオッケーです。

 

次に写真を使ったPOPになります。

イラストと違い、写真はさらに美味しそうな雰囲気が出ますよね。

食品は、写真をイメージにしたほうが購買をそそります。

どういったおでんなのかも、わかりやすいように商品説明を入れています。

 

POPはイメージを膨らませることが重要です。

売りたい商品のイメージはどのようなものなのか?

例えば、すごく辛い商品をPOPにしたいとします。まず辛いと言えば赤いイメージですよね。

さらに、イラストで辛そうな感じのものを探して使用するのも良いですね。

そのような感じで作成したのがこちらになります。

この商品は、とにかく辛いスナック菓子です。

辛いのが苦手な人が食べると、大変なことになります。(ぼくは辛くて一口で無理でした・・)

このPOPを見るだけで辛そう・・というのが伝わってきます。

商品説明POP(値段はなし)

POPは値段を入れるだけではありません。

価格はプライスカードをつけ、それとは別に商品説明のPOPをつけましょう。

手書きのポップとは違い、パソコンで作成するとカッコイイPOPも簡単に作ることが出来ます。

日本酒蔵のPOPをエクセルで作ってみました。

写真と文字を組み合わせただけですが、手書きPOPでは作ることが出来ない良さを引き出しています。

背景の酒蔵のイメージと、お酒を作る杜氏さんの写真を使っています。

商品のイメージによって、派手なほうがいいのか、落ち着いた雰囲気のほうがいいのかを考えてみましょう。

 

では次に季節感のあるPOPです。

秋の日本酒といえば『ひやおろし』なんです。ひやおろしとは冬にしぼった新酒を春先に一度加熱し、秋まで熟成させて出荷するお酒のことを言うのですが、それをイメージして作りました。

秋ということで紅葉のイラストを使っています。

誰が見ても秋のイメージがしますよね。このような感じでPOPで季節感を出すことも重要です。

先程もご紹介しました、POP作りには無料イラストなら【イラストAC】の登録は必須です。

色々なサイズを作ることが出来る

エクセルでPOPを作るとA4やB5といった定番のサイズから、A3×4枚サイズなど様々なサイズのPOPを作ることが出来ます。

まずエクセルの用紙サイズの設定とマスターしましょう。誰よりも詳しくエクセル(Excel)の用紙サイズ設定と余白調整を説明しますで詳しく説明しているので参考にして下さい。

 

用紙を重ねて大きなサイズにするとこのような感じになります。

これは、A3サイズ8枚分のPOPになります。

こちらも簡単にエクセルで作ることが出来ます。屋外A型看板の作り方。店舗向け、紙とラミネートで目立たせ集客しようで詳しく書いていますので、店頭で大きなPOPを貼りたいな。という方はぜひ作成してみましょう。

 

まとめ

まずはエクセルPOPの基本的な使い方をマスターし、それを応用して色々なPOPを作ってみましょう。

慣れてくると、自分の作りたいイメージのPOPが作れるようになりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です