感動の手土産を!通販で買える人気のお菓子をまとめました

日本猫のオスとメス・種類によって性格が違う?我が家の猫7匹を比べてみた

子猫を飼っている方は、今猫が何をしてもテンション高くて遊んでくれて楽しいときですよね。

猫は大きくなったら性格変わるのかな?

去勢・避妊をしたら、性格がガラッと変わってしまったらどうしよう・・

 

始めて猫を飼う方は、猫の性格ってオスとメスで違うの?種類によっても違う?

色々なことが気になりますよね。

 

ぼくの家では、猫を7匹飼っています。

元々は、野良で拾ってきた1匹でした。

その後、段ボールで捨てられていたもう1匹を飼うことになり、その2匹が5匹の子どもを産むことになりました。

猫の妊娠から出産までの愛の物語(のこ・ちゃと郎編)

 

オスが4匹・メスが3匹です。

我が家の7匹の猫の性格を見ていきたいと思います。

 

子猫の時の性格

最初に段ボールで拾われた、のこちゃんの性格は、赤ちゃんのときは、常にシャーシャー言うくらい気がきつかったです。

別に気はきつくないよ・・

のこ

最初は野良だったし、気がきついのは普通?ですが、環境で性格は変わります。

今ではすごくおとなしくていい子なので。

 

5匹の子猫は、どれもわんぱくでした。やはり体が大きくなってきてから、それぞれ性格がはっきりとしてきました。

同じ環境でみんな育てているのですが、性格はまちまちです。

 

去勢・避妊後の性格

正直、特に変化はないです。性格は和らぐとか優しくなるとか言いますが、最初から、そこまでやんちゃな子はいなかったのでどこまでが変化したのかわかりません。

うん、みんないい子ばかりですよ!

 

ただ、攻撃的な子はいてません。これは去勢とか避妊ではなく、小さいときから毎日一緒だからかもしれませんが。

去勢後は、飼い主に甘える猫ちゃんもいるみたいですが、我が家の猫たちは、なぜか、父親猫のちゃと郎にベッタリです。

去勢の後は同じ食事量を与えると太りやすいと言います。

我が家の場合は、しっかりご飯を与えているので、みんな結構おデブになってきています・・

 

オスとメスで性格が違う?

これはあるかもしれません。オスとメスを一緒に飼っていると、食事の時などは、オスの方は真っ先にご飯を食べます。

メス猫は、3匹とも1歩引いている感じで、顔のとこにご飯を置いてあげると食べる。というような感じはあります。

 

猫の追っかけあいはよくあるのですが、メス同士は、お互い追っかけあって楽しそうです。

しかし、オスとメスになると、必ずオスがメスを追っかけています。そして、メスは嫌がって「シャー!!」とみんな言ってます。

オス4匹・メス3匹、どのパターンでもこれは一緒です。

オス同士の追っかけあいは、ちょっとしたバトルになりますが、これは仕方ないでしょう・・

 

猫の種類別性格の違い

茶トラ

まず、一番最初に我が家の猫5匹のお父さん猫。オスの茶トラ猫のちゃと郎5歳です。

これほど大人しくて人懐こい性格があるのでしょうか。

しかも他の猫が、みんなちゃと郎にベッタリ。

野良の時から人懐っこくて、爪を向けることも怒ることも一切ない子でした。

今でも、自分の子どもたちがケンカしてる声が聞こえたら、飛んできて仲裁に入ります。

お腹がすくと、顔を見て鳴き、ご飯のお皿に顔を付けて、こっちを見てアピールします。すごく頭も良いです。

 

ハチワレ

段ボールに捨てられていた、メスのお母さん猫。ハチワレ猫の“のこ”4歳です。

子どもを5匹産んで育てた母猫です。

最初は気がきつかったですが、我が家に来て1週間で、ちゃと郎にベッタリ。優しくていい子になりました。

あまり他の猫とベッタリする性格ではなく、一人でいるのが好きなタイプです。

ただ、いつも嫁の近所にはいてます。寝るときも必ず布団に来ます。

家に友だちが来ても、普通に気にせず同じ部屋にいる、知らない人も全く怖がらない性格です。

 

三毛猫

メスの三毛猫の駒百合、3歳です。

とにかく可愛いです。

子猫のときは、どこのアイドルか?と思うレベルの可愛さでした。

性格は、自由です。

ベランダの開ける音が聞こえれば、一目散に飛んでくる。

何かわからないけど、顔を見たら低い声で「ミャー」と言ってきます。

抱っこすると、「ミャー」と言いながらも、全く嫌がらずに抱っこをさせてくれます。

 

サビ

メスのサビ猫、福桃3歳です。

少し体も小さく、ご飯を食べるのも一番遅い子です。

物音がすると、すぐに逃げていき、警戒心の強い子です。

気が弱くて声も小さいけど、オス猫に追いかけられたら、頑張って猫パンチを食らわすことの出来る猫ちゃんです。

あまり鳴かない大人しい子です。

 

キジトラ

オスのキジトラ猫、しま吉3歳です。

お目目も真ん丸で、すごく人懐こい子です。

知らない人には近寄りませんが、家族の人間には、いつもすり寄ってきます。

性格もすごく優しく、抱っこをしても爪切りしても、何があっても爪を出さない子です。

優しい猫といえば、しま吉と言っていいくらいです。

 

サバトラ

オスのサバトラ猫、鯖じろ3歳です。

子猫の時は、しま吉と鯖じろの見分けが付かないくらいそっくりでした。

触られるのがちょっと嫌い?嫌がりはしないけど、すぐに逃げていきます。

あまり鳴かないですが、わんぱくな猫です。

お父さんのちゃと郎が大好きで、いつもくっついています。

 

黒猫

オスの黒猫、のあ太郎3歳です。

我が家で一番強い?猫です。

のあ太郎も、人に触られるのはあまり好きではない子です。

気が強くとにかく他の猫を追いかけることが多く、あまりのあ太郎が追いかけられている姿は見たことがありません。

追いかけて追い詰めすぎて、反撃され、たまに傷が出来ています。

のあ太郎も、ちゃと郎が大好きで、いつもべったりくっ付いています。

 

まとめ

環境は同じでも、性格はバラバラです。

やはりオスよりメスのほうが穏やかな感じがします。

ハチワレと三毛猫は、知らない人もへっちゃらです。

他の猫は別の部屋に逃げていきますが・・

性格は、みんな優しい子ばかりですよ!性格の悪い子は一人もいてません。

結局、柄によって性格があるのかどうかはわかりませんが、それぞれ個性があり楽しいです。

我が家の7匹の猫でした!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です