感動の手土産を!通販で買える人気のお菓子をまとめました

猫の多数飼いで、兄弟たまに喧嘩!でも楽しいのが最大のメリットです

我が家には猫が7匹います。まさに猫の多数飼いです。

始めは1匹でした。でも、1匹飼っていると、どうしてももう1匹友だちを作ってあげたいと思いますよね。

今いる猫の性別は、オス4匹とメス3匹です。

 

我が家の猫がなぜ7匹になったのか?出会いから出産まではこちらのブログをご覧ください。

猫の妊娠から出産までの愛の物語(のこ・ちゃと郎編)

 

猫を7匹飼うのに気をつけていることをまとめました。ぜひ参考にして下さい。

 

先住猫との初対面

我が家の1匹目の猫は、野良猫です。近所で人懐っこかった猫を我が家で飼うことにしました。

なかなか始めは家に慣れずひとり寂しそうだったので、もう1匹ほしいなと思っているときに、段ボールで捨てられていたもう1匹を飼うことにしました。

 

先住猫は成猫サイズ(年齢は多分1~2歳)。2匹目は子猫です。

先住猫は、おとなしい性格だったのですが、子猫の方は気の強い子でした。

最初は、ケージ越しに会わせてみようと試みましたが、先住猫は普通なんですが、子猫がシャーシャーと威嚇しています・・

ケージは、可愛そうなので、結局その日のうちにケージから解放しました。

 

さすが先住猫は優しかったです。

1日で子猫が懐いていまいた。

 

相性が良いのと、猫の性格で意外とすぐ仲良くなるものです。

先住猫が、他の猫を寄せ付けない性格だったら、難しいのかもしれません。

 

去勢・避妊をする

2匹でいい。雄と雌を飼っている。という方は必ず早めに去勢・避妊をしましょう。

我が家は7匹いてます。なぜ7匹なのか。。

 

去勢・避妊をしていなくて生まれたからです。

その後は、全員去勢・避妊をしました。

毎月1匹ずつ病院に連れて行きました。猫は兄弟でも妊娠するので、ほっておくと大変なことになります。

7匹連れていくと、動物病院からのハガキDMが2枚になってきます。

 

なぜでしょう?

 

ハガキ1枚で猫の名前が書ききれないから、わざわざ同じ内容のハガキを2枚にして、全員の名前を書いて送ってくれます。

2枚に名前がびっしり書いていると、ちょっと笑ってしまいます・・

トイレは猫の数プラス1つは用意しよう。

猫のトイレ問題は大変です。

我が家はそんなに大きい家ではないのですが、トイレはしっかりと用意してあげないといけません。

合計9個のトイレを置いています。

 

まず、玄関に3つ。

 

そして、猫部屋に6つ。

全て、ホームセンターで材料を揃え、トイレ置き場をDIYしました。

たまにおしっこをとばしたりするので、ブルーシートを敷いています。

 

大変なことといえば、猫のうんちを取ることくらいでしょうか。それでも1日2回くらいですけどね。

トイレのシーツは週に1回すべて取り換えています。複数猫用シーツを使っています。

 

遊び場や基地はたくさん作る

猫がたくさんいると言うことは、猫が遊べる場所・ゆっくり出来る場所・爪とぎスペースなども作ってあげないといけません。

たくさんのスペースがないと、ストレスの原因にもなります。

キャットタワーは、出来るだけ多くの猫が乗れるように、大きめのものを買いましょう。

爪とぎスペースも別に確保しましょう。猫がたくさんいるので、爪とぎも色々な種類を多めにおいておきましょう。

まとめて置くと、スペースも少なくて済みます。

天井に近い部分も有効活用して、猫の寝れるスペースにします。

冷蔵庫の上から乗れるようになっています。

猫はこたつの下などの空間が好きです。

ゆっくり邪魔されずに寝る場所です。

多数飼いの中でもうちの猫は7匹いるので、こたつ2つ分を使っています。

こたつを覗いてみると・・

こんな感じでゆっくりしています。

みんな親子なので、それなりにみんな仲良くしています。

 

多数飼いで注意しないといけないのは、猫のための場所をしっかりと確保できるかです。

走り回れるスペースもいります。

 

猫が生活しやすい環境を出来るだけ確保して作ってあげることが大事だと思います。

 

食事は、色々な味を混ぜて、美味しくしてあげる

食事代は、やはり7匹いるので、安くはありません。7匹分かかります。

7匹いるからといって、毎日安いカリカリばかりでは可哀そうです。

 

たくさん入った大袋のカリカリ、シーバ、懐石、猫用かつおぶしをブレンドして、1日数回あげています。

出来るだけ安く美味しい食事にしてあげたいので、ブレンドすることで美味しく安く済ますことが出来ます。

最後のごはんは、猫の缶詰です。1つを7皿に分けてあげています。

みんなちゃんと並んで食べています。

毎日良いご飯を食べさせてあげれるように、頑張って働きます!

 

追っかけあい、ケンカは出来るだけほっておく

猫同士追っかけあい、たまには怪我をすることもあります。

メス同士の追っかけあいは可愛いです。オス同士はたまにガチなケンカになりそうな時もありますが、結局は仲良く寝ているのでそれはそれでいいんです。でもオスとメスになると、オスの方が強く、メスが逃げて追い込まれることもあります。

そんなときは、軽く注意します。

 

プロレスごっこも、たまにします。

猫バサミというんでしょうか・・

 

これは冗談です・・喧嘩の風景ではありません。。

 

まとめ

我が家の猫は親子なので、それなりに仲良く生活しています。

でも、知らない猫同士、オス同士など縄張り争いや性格の不一致で、生活がうまくいかないこともあります。

まず、猫の性格を見て、去勢避妊はキチンとする。

そして、性格空間を少しでも猫が過ごしやすいように気を使ってあげるようにしましょう。

7匹もいても大変と思ったことはありません。どちらかというと楽しいほうが大きいです。

今回のブログが、多数飼いの方の少しでもお役に立てれば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です